赤ちゃんを寝かしつける方法とは

###Site Name###

赤ちゃんを寝かしつけることは、意外と大変なことです。

なかなか寝てくれないとイライラしてしまったり、反対に自分が先に寝てしまうこともあるでしょう。



早く寝てほしいという気持ちが赤ちゃんに伝わるかのように、早く寝かせたい日に限って、なかなか寝てくれないという場合もあります。
赤ちゃんの寝かしつけの方法には、いくつか種類があるので、自分の子供に合ったものを選ぶとよいでしょう。
寝かしつけ方法のひとつめに添い寝があげられます。

赤ちゃんが寝かしつけのいろいろな情報を集めました。

となりに添い寝をし、体をトントンすることで、温もりを感じ安心して眠りにつくことができます。
体をトントンする以外にも、優しく頭を撫でられたり、耳たぶを触られたりすることで安心する子もいます。

次に子守歌やCDなどの音楽を聴かせるという方法があります。
優しい声で子守歌を歌ったり、お気に入りの曲が流れることで、気分が落ち着き眠りに入りやすくなります。


次に抱っこをして歩き回ることがあげられます。

4meee!に関して悩んだら、是非お試し下さい。

これは新生児から生後半年までの赤ちゃんには特に効果があり、抱っこされた状態で歩くとおとなしくなるという本能によるものです。抱っこしたまま歩くと、心拍数が下がり気持ちがリラックスし、気付かないうちに眠りに入ってしまいます。生後8ヶ月頃になると赤ちゃんは知恵がしっかりとつくようになり、寝ずに遊びだすことも増えてきます。どんな寝かしつけも効果がなければ、思いきって寝たふりをしてみましょう。部屋の電気を真っ暗にし、添い寝をし寝たふりをすると、遊ぶのを諦め眠るようになります。